住めば・住むほど・良い住まい を合言葉に、一つ一つ大切に家づくりを行っております。

東京都大田区東雪谷4-22-8

03-3720-8930

営業時間:9:00~18:00

リフォーム施工例リフォーム施工例

これで安心屋根リフォーム工事

施工例画像(屋根リフォーム)

お客様のご要望

屋根材が強風で飛んでなくなってしまった所があり、他にも割れていたり欠けているところが多々あり台風が来る前に直してほしいとご要望を戴きました。

施工のポイント

既存のスレート屋根が傷んでいるところが細かくありましたが、幸い雨漏りはなく下地の野地板までは傷んでいないのでガルバリウム金属屋根へカバー工事を行いました。
カバー工事は既存の屋根を壊すことなくもう一枚屋根を被せる工事なので工期も短くなり廃材も少なく済むので葺き替え(取替)より価格を抑えることができます。(既存の屋根材、下地の具合によってはこの工法では施工できません)
今回の屋根工事は大田区のリフォーム助成対象に該当するのでを利用致しました。

お客様の喜びの声

より良い屋根に変わって良かったです。これで安心できます。とお言葉を戴きました。

施工例写真

  • 施工前 赤丸の部分の屋根材が強風でなくなっていたり欠けたりしています。他にも欠けている箇所がありました。 施工前 赤丸の部分の屋根材が強風でなくなっていたり欠けたりしています。他にも欠けている箇所がありました。
  • スレート屋根はセメントと繊維を圧縮して作られた屋根材で軽く施工がしやすくコストパフォーマンスに優れた屋根材ですが、厚みが薄いので割れやすく、苔などの汚れが付きやすく汚れたままにしておくと水はけが悪くなりそこから傷んで雨漏りの原因になる恐れがあるデメリットがあります。 スレート屋根はセメントと繊維を圧縮して作られた屋根材で軽く施工がしやすくコストパフォーマンスに優れた屋根材ですが、厚みが薄いので割れやすく、苔などの汚れが付きやすく汚れたままにしておくと水はけが悪くなりそこから傷んで雨漏りの原因になる恐れがあるデメリットがあります。
  • 施工中 既存の棟(屋根の頂点の部分の金属)と下地木材を撤去します。この部分は下地の木材が経年劣化しやすく放置しておくと金属の部分が強風により剥がれてしまう恐れがあります。 施工中 既存の棟(屋根の頂点の部分の金属)と下地木材を撤去します。この部分は下地の木材が経年劣化しやすく放置しておくと金属の部分が強風により剥がれてしまう恐れがあります。
  • 施工中 棟及び下地の撤去が終わりました。 施工中 棟及び下地の撤去が終わりました。
  • 施工中 棟撤去の後は、既存屋根にアスファルトルーフィング(防水シート)を全体に貼り付けます。 施工中 棟撤去の後は、既存屋根にアスファルトルーフィング(防水シート)を全体に貼り付けます。
  • 施工中 新規屋根材を加工しながら取り付けていきます。 施工中 新規屋根材を加工しながら取り付けていきます。
  • 施工中 屋根材が張り終わったら、棟の新しい下地材を取り付けていきます。そして新しい金属棟を取り付けて工事完了になります。 施工中 屋根材が張り終わったら、棟の新しい下地材を取り付けていきます。そして新しい金属棟を取り付けて工事完了になります。
  • 施工後 綺麗に仕上がりました。 施工後 綺麗に仕上がりました。
  • ガルバリウム鋼板とは、アルミニウムと亜鉛を主とした金属板の一種で、アルミニウム55%/亜鉛43.4%/シリコン1.6%で構成されている素材でアルミニウムの耐食性と亜鉛の防食作用により、錆びにくく高い耐久性を持った金属屋根材です。 ガルバリウム鋼板とは、アルミニウムと亜鉛を主とした金属板の一種で、アルミニウム55%/亜鉛43.4%/シリコン1.6%で構成されている素材でアルミニウムの耐食性と亜鉛の防食作用により、錆びにくく高い耐久性を持った金属屋根材です。
  • 今回の工事は大田区のリフォーム助成の対象工事となりましたので利用致しました。助成を利用することでお客さまの金額面でのご負担を減らすことができます。 今回の工事は大田区のリフォーム助成の対象工事となりましたので利用致しました。助成を利用することでお客さまの金額面でのご負担を減らすことができます。

物件スペック

地域名 大田区
工事期間 5日
当社はこのような大田区の助成を利用した屋根リフォーム工事も承っております。お気軽にご相談ください。

03-3720-8930お電話

資料請求・お問合せ

資料請求
お問合せ